Bunkoh Style -WorldWide-

世界中の果て(先端)を命懸けで制圧しに行く大冒険コメディロマン

【閲覧注意】しゃぶらせて下さい。犬を食べさせて下さい。~自転車ベトナム縦断、南部へ~

f:id:bunkohstyle:20180902132530j:plain

てやんでぇいコラ負けねぇぞコラ。




え?なに?しゃぶらせて下さいだ?

f:id:bunkohstyle:20180619100217j:plain

ダメに決まってんだろ冗談じゃねぇぞオメェ。


ユーラシア<チャリ旅>編 前回

bunkohstyle.hatenablog.com


もくじ

 

*この記事は下ネタおよび、犬肉の料理の写真を掲載しています。苦手な方はご注意ください。

ゆるキャラみたいな名前の町

f:id:bunkohstyle:20180902133651j:plain

荷台が瀕死状態になりながらも、道路工事のせいで身体をズタボロにされながらも、なんとかベトナムは中部を越えて後半戦の南部へ突入。
ここは世界中から旅行客が集まる風光明媚なビーチリゾート、ニャチャン(Nha Trang)

f:id:bunkohstyle:20180907122040j:plain
f:id:bunkohstyle:20180907122037j:plain

よくあるガヤガヤとした典型的な観光地かと思いきや、現地人のほのぼのとした光景が広がっていてとても癒されましたよ。
オッサンたちが日陰でなにやらコソコソしていたのはゲームでした。漢字が書かれているので中国由来の遊びでしょう。

f:id:bunkohstyle:20180902133808j:plain

あまりの疲労に休息日は丸1日動けないことは何度もあるけど、丸2日間ほぼ寝たきりってのはこれまでで初めて。それほどに過酷だった中部の長い長い工事地帯。
意外にも居心地の良かったこの町では、贅沢にエアコン付きの宿で少し長めの休養期間を設けたのでした。

f:id:bunkohstyle:20180907130138j:plain

迅速な体力回復を期待してよく飲んでいたのがコチラ。右はエナジードリンク、味はオロナミンCと一緒でこれで50円くらい。左が大豆とはちみつのプロテイン的なもので、タンパク質の補給です。

f:id:bunkohstyle:20180902135151j:plain

クタクタな体でも、綺麗な景色がそれを忘れさせてくれる。ニャチャンの手前は幹線道路から逸れて海沿いの道へ退避。そこがまたとても良い道でここでも癒されました。

f:id:bunkohstyle:20180907124705j:plain

ガイドブックには載らないであろう隠れスポットも点在。

f:id:bunkohstyle:20180902135221j:plain

これなんて人っ子一人いない超絶穴場なプライベートビーチ。こんな綺麗な海がベトナムにはあったんですね。

f:id:bunkohstyle:20180619115806j:plain
f:id:bunkohstyle:20180619115735j:plain

ホイアン近辺にはチラホラと、遠くにそびえ立つ遺跡のようなものが目に付きます。
 

f:id:bunkohstyle:20180902134627j:plain

これは恐らくミーソン聖域と同じくチャンパ王国の類の遺跡でしょう。こちらはとても綺麗に残されてますね。

こうやって気になるほうへ自由に舵を切れるのはチャリ旅の醍醐味の中の醍醐味。

f:id:bunkohstyle:20180904222156j:plain

しかしクソっ、ベトナム序盤での宿のオバちゃんに頂いたペットボトルを入れるキュートなトートバッグが、タイヤに擦れまくってキュートじゃない姿になってきた。こりゃまたホームレスみたいなビニール袋に戻る日は近いぞ、美人な読者様からのDMが余計に途絶えてしまう。こりゃまずいぞ、どなたか僕にペットボトルホルダーを。

f:id:bunkohstyle:20180620082622j:plain

ギアが無いから疲労の溜まるスピードも半端なく早いし、ゴミみたいなチャリだけど、こんな道でも俺は負けねぇぞコラ。
うわ、泥よけの装備も無いから荷物も背中もグッチャグッチャや。実家帰りたい。


f:id:bunkohstyle:20180907134746j:plain

体力は完全回復とは言い切れないけれど、ビザの関係もあってヌクヌクなんてしてられません。

f:id:bunkohstyle:20180907134750j:plain

それでもやっぱり、こういうのどかなローカルの景色が面白くて疲れを忘れさせてくれる。

f:id:bunkohstyle:20180907151833j:plain

名も知れぬ村の屋台で食べるフォーも、おいしいのです。

f:id:bunkohstyle:20180907135345j:plain

ニャチャンから海沿いの未舗装の道を南下し辿り着いたのが、これまたリゾート地のムイネー(Mũi Né)ゆるキャラみたいな名前の町が続きますね。

f:id:bunkohstyle:20180907140502j:plain
f:id:bunkohstyle:20180907140504j:plain

ここはビーチでのんびりするというよりは、アウトドアを存分に楽しむ場所であるといえます。東南アジアでは珍しい砂丘をバギーで疾走したり、乾季では常に一定の風が吹いているためそれを利用したマリンスポーツも盛ん。凧揚げも大人気のようですね。

f:id:bunkohstyle:20180907142624j:plain

近郊にはこういった自然が創り出した造形美が堪能できる場所も。これは妖精の渓流、英語表記ではフェアリーストリームと呼ばれる観光スポット。

f:id:bunkohstyle:20180907201644j:plain

どのあたりが妖精なのか、という疑問は置いといて、まぁまぁな迫力ですかね。しかし妖精な雰囲気であれば、僕の実家の近くにある等々力渓谷のほうが勝ってますよ。でも妖精よりも遥かに蚊のほうが多いので、僕は行きたくないんです。

ちなみに先に載せた赤茶けた荒涼とした景色が印象的な場所は、ミニグランドキャニオンとも呼ばれるスポット。出ました、言ったもん勝ちの例え。ただの小規模な崖じゃねぇかってね。あれをグランドキャニオンと呼んでいいのなら、僕の実家の近くを流れる多摩川をミニ四万十川って呼んでもいいんですよね、鮎も釣れるみたいだし。

f:id:bunkohstyle:20180907150700j:plain

さて、アウトドアを楽しむ町だけど毎日アウトドアな僕は一泊だけして出発です。

しゃぶらせて下さい。

 

f:id:bunkohstyle:20180907142304j:plain

え〜っと、次の目的地の町は、真っ直ぐか。あれ?右も同じやんけ。結局どっちやねん。


両方行けるってことか。今日も頑張って行きましょうぞっと〜。










バキベリィッ







・・・朝から元気だなお前。幸先良いなお前。どうなってんだこれ。





f:id:bunkohstyle:20180907203458j:plain

夢なら覚めろよ。

中から折れててハメ込んでもダメだわ。くそ、、、これじゃ漕げねぇ前に進めねぇ。オラには時間が無ぇんだ、どうしよう。。。


という絶望は1ミリも感じることなく町中での出来事なのでマッハで自転車屋を発見しマッハで修理完了という、やはり人知を超えた強運の持ち主が、私なのです。


運ってのは自分で引き寄せて、自分でつかむもんだぜ?


さぁ、イケてる名言が飛び出し女性読者様からの好感度が微増した気がしたところで、気を取り直して参りましょう。南部最大の都市まであと少し。


しかし事件は立て続けに起こります。


何の変哲もない国道を走っていたときです。突然バイクに乗った30代半ばくらいの男性が僕に横付けして何かを伝えてきたのです。ベトナム語が一切分からない僕はポカーンとした表情を返します。僕が話せないことが分かると彼は、ジェスチャーを繰り出します、「止まれ」と。


なんかジュースとか食い物でもくれるんかな?


たまに現地人からそういった嬉しい差し入れがあるので、今回もそう思ったんですけど、でもどう見ても手ぶらで何も持っていない様子。周りに店なども無い。とりあえず少し減速すると、その男は僕の右側に向かって指を差し始めました。左側の車道をさえぎるようにしてそそり立つ、僕の右側にあるのは、林。そこを懸命に指差す男。


・・・ん?


イヤな予感は的中です。次にそいつが繰り出したジェスチャーは、手に"何か"を握るようにして、口に出し入れするものでした。


・・・なるほど。


舐めさせて下さいってことか、林の中で。まぁちょうど俺もムラムラしてたんだよねって馬鹿野郎が。それをしてもいいのは美人な女性だけだ馬鹿野郎が。すいません。

f:id:bunkohstyle:20180619100217j:plain

この人です。無理ムリ!と断りを入れるもシツコく懇願してくる彼。車道に車はたくさん通るので襲われる怖さは無かったものの、ハッキリ言って気色悪いですよ。仮にオッケーだとして、汗まみれのやつをさぁ、・・もうこの話やめますね。

よっぽど僕のことがタイプなようです。女性のみならず、男性にも好印象なんですよ僕って。




・・・あれ?


<<運ってのは自分で引き寄せて、自分でつかむもんだぜ?>>


俺が自分でゲイを引き寄せちゃって、チン子つかまれちゃいそうだった馬鹿野郎が。冗談じゃないっての。

 

ホーチミン探訪



f:id:bunkohstyle:20180907231523j:plain

さて、もう一度気を取り直して、頑張りました。縦断スタートのハノイから28日目、距離にして約2,000km。ベトナム南部最大の都市であり、国内最大の経済都市、ホー・チ・ミン(Hồ Chí Minh)へ到着。このバイクの群れの中を走るスリル、なかなかのものです。

f:id:bunkohstyle:20180907224640j:plain

ベトナムの革命家の名が、そのまま町の名前となっています。その英雄は国民からは親しみを込めて、ホーおじさんという愛称で呼ばれるようです。そのホーさんが、あちら。ドーーンと鎮座しています。

f:id:bunkohstyle:20180907231755j:plain
(クリックしてもジャンプしません)

あのモニュメントは、世界各地の摩訶不思議で奇妙な建物を集めた「奇界遺産」という写真集の表紙にも使われたやつですね。ちなみにここ、スイティエン公園(Khu Du lịch Văn hóa Suối Tiên)と呼ばれるテーマパークなんです。

f:id:bunkohstyle:20180908000702j:plain

ベトナムの経済を支える最大都市の街並みは、首都のハノイと比べると整然として先進的な建物が点在しています。

f:id:bunkohstyle:20180908123542j:plainフランス統治時代に建てられたコロニアル調の建物も多く残ることから、「東洋のパリ」とも呼ばれるそうです。再び出ました、言ったもん勝ちの例え。さすがにパリには遠く及ばないでしょうよ、行ったことないけど。

f:id:bunkohstyle:20180908001117j:plain

となると、こちらは「ベトナムの渋谷スクランブル交差点」って感じですかね。パッと見だとそう見えませんか?

f:id:bunkohstyle:20180908001953j:plain
f:id:bunkohstyle:20180908123640j:plain

ヨーロッパな建築物と近代的なビルと、中国風な建物が混在したこの町の名は現在はホーチミンとなっていますが、旧名はサイゴン(Sài Gòn)。現地では今でもサイゴンの名のほうが通じるようです。
 
f:id:bunkohstyle:20180908002808j:plain

市内には数多くの教会がありますが、こんな世界的にも珍しいインスタ映え炸裂なピンク色のものも。これラブホじゃないですからね?タンディン教会と言って内装もすべてピンクだそうです。

f:id:bunkohstyle:20180908002807j:plain

決死の隠し撮り。いかがですか、このベトナムの民族衣装であるアオザイをまとったお姉さんたち。美人だしすんごい良い匂いしそう、みんなでラブホ行きたい。すいません。

f:id:bunkohstyle:20180908002801j:plain
f:id:bunkohstyle:20180908002803j:plain

市内中心部は近代化が進んでいるようですが、少し外れたり路地裏ではまだちゃんとベトナムな雰囲気。
 

f:id:bunkohstyle:20180908002805j:plain

いわゆる観光スポットは教会くらいで、町歩きの楽しさはハノイの方に軍配が上がると僕は感じます。見る分には2泊くらいで十分かも。

f:id:bunkohstyle:20180908134827j:plain

さっっぱぁぁーーーーー

泊まった宿は連泊で値引いて一泊140,000ドン(当時約700円)の個室。1.5畳くらいの激せまだが個室でこの価格だったら許容範囲でしょう。ドミトリー宿であればもっと安い場所はたくさんあるが、交通費がかからない分、お一人様でストレス無く眠りたいのです。

f:id:bunkohstyle:20180908134903j:plain
f:id:bunkohstyle:20180908134901j:plain

しかしシャワーの蛇口をひねるとあの有様でまともに浴びれないし、トイレの上にはゴミなのか区別がつかないビチャビチャなトイレットペーパー。これ少し黄色がかってるけど、何の黄ばみだろう。身震いしちゃう。といってもこれくらいだったらもう慣れてますけどね。

テレビはあってもあまり見ないけど、つけてみると案外面白いんですよ。クレヨンしんちゃんが放送されてて、ブリブリ〜!の時のシーンではケツの部分になぜかモザイクがかけられてたり、ケーブルテレビでアメリカの番組のMCがファック!を連呼するシーンでは「ピー音」でかき消されてましたからね。

ベトナムでは下ネタ系が全般的に放送倫理に反するのでしょうか。・・・僕のブログも完全アウトですね。

タイのONE PIECEの放送では、サンジがくわえたタバコにモザイク処理がされてたりします。これに関しては韓国も同じく、タバコの代わりに飴をくわえたサンジさんを見られるらしいですよ。子供への影響などで、喫煙シーンをテレビで流すのは世界的に禁止の方向へ動いているようです。

犬を食べてみた。

 

f:id:bunkohstyle:20180908150953j:plain

さて、特に何をしたわけでもないホーチミン滞在ですが、日本には無いこんな珍味を頂きました。これまでちょくちょく目にした、犬の看板を掲げたお店。

そうなんです、ベトナムは中国の影響から、犬のお肉を食べる風習が未だに残っています。やはり国境を接した北部で食べられるようですが、ホーチミンではゴーバップ区(Gò Vấp)というローカル感満載のエリアにお店が点在しています。それらも北部に住んでいた人が出すお店だそうです。

ベトナム語thịt chó(ティッチョー)、あるいはthịt cầy(ティッカイ)と呼ばれる犬肉は、大衆食堂には置いておらず、基本的には犬肉専門の場所でのみ頂けるようです。


なるほど、納得。ベトナムにはなぜ、野良犬が少ないのか。周辺国ではワンサカで何度も追い掛けられて死闘を繰り返しましたが、この国では追われた記憶がありません。食べちゃうんですかね。あるいはベトナムの国民のほとんどが無宗教なんで、動物を大切にする仏教の周りの国とは違ってガンガン殺処分するのでしょうか。

f:id:bunkohstyle:20180908151016j:plain

これは移動中に見かけたもの。自分なりに調べてみたところ、どうやら食用に養殖もされている、ようですが、この犬たちはそれぞれ大きさも毛の色も違うのでやっぱり野犬だろうか。暑さ対策なのか、彼らにも水をぶっ放していました。

f:id:bunkohstyle:20180908151013j:plain
f:id:bunkohstyle:20180908151009j:plain

さっそく注文してみます。丸焼きにしたものでしょうか、皮がパリっとしています。どこの部位なのかはサッパリ分かりません。

f:id:bunkohstyle:20180908151000j:plain

これで60,000ドン(当時約300円)。フォーが30,000ドンとかで頂けるので、少し高めですかね。
お味のほうは、豚肉です。ほとんど脂身で、少し弾力のある豚バラ肉の脂を食ってる感じ。

極め付けが紫色のつけダレ。これが激まずい。オキアミを発酵して作るらしく、生臭さが半端じゃなく吐き気を催すレベル。お好みでライムを絞って食べるようで、やっぱり脂っこさも相まってライム抜きでの完食はかなり困難。後半は少し気分が悪くなってくる。色んな食べ方も部位もあるはずだけど、とりあえずこのタレが厄介すぎる。


それにしても、
気分が悪くなるというのは、もしかしたら犬への罪悪感もあるのか?というと、それは完全に否、です。大切なワンちゃんと暮らしている方には酷な現実かもしれませんが、これが「文化」であり「人間」なんです。

ちなみに僕は犬が大好きですよ?野良ワンコをナデナデしたくて手を出したら噛まれちゃったくらい。↓↓

bunkohstyle.hatenablog.com


犬を食べるなんて残酷、可哀想、そう思います?

f:id:bunkohstyle:20180908151019j:plain

これも移動中に見掛けたもの。豚さんですね。犬はダメで彼らはいいの?って話になってきます。すべてのお肉を食べないにしても、野菜だってちゃんと生きてるんですよ。食べるということは、命を頂くこと。できる限り好き嫌いせずに残さず頂く。感謝の気持ちを持っている人は決して食べ物を粗末にしないし残しません。それが、僕らに出来る彼らへの唯一の償いではないでしょうか。


ちなみに犬食の風習は残っているものの、ベトナム人も犬を飼う人が増えてきているらしく、特に若者は好んで食べる者は少ないそうです。


・・・さて、文字数が膨れてきたところで今回はおしまいにしようと思うのですが、これだとどうもBunkoh Styleっぽくない生真面目な内容での終了になるので、そうですね、、、








f:id:bunkohstyle:20180908214410j:plain

あ〜、このお姉さんたちとラブホじゃなくて林の中でもいいから5Pしたい。すいません。さようなら〜。


次回

bunkohstyle.hatenablog.com