Bunkoh Style -WorldWide-

世界中の果て(先端)を命懸けで制圧しに行く大冒険コメディロマン

【下ネタ(再)注意】ヤラせて下さい。そして冒険へ。~チャリ東南アジア一周完結~

f:id:bunkohstyle:20181108153641j:plain

このまま売り続けてみようか、地球に、喧嘩を。


f:id:bunkohstyle:20181105212836j:plain

え?なに?ヤラせてくれだ?倒すぞオメェ。

f:id:bunkohstyle:20181109110753j:plain

大丈夫これ?でもいただきまーす。


前回

bunkohstyle.hatenablog.com


もくじ

最高の堕落スポットと、神様のイタズラ


f:id:bunkohstyle:20181105214734j:plain

カンボジアを難なく抜け、そのまま真っ直ぐにタイへ戻らずにやって来たのは再びのラオス


道端の商店は、氷をぶち込んだクーラーボックスで飲み物が売られていたカンボジアですが、この国に入るとどこも冷蔵庫が設置されている。貧しいレベルは同等な印象だけど、実際は一人当たりのGDP的にもラオスの方が高いようです。

と言ってもやはり発展率はカンボジアの方が上。ラオスはそもそも人口が少なく(700万人以下、カンボジアはその倍以上)、海にも面していないし、北部は山だらけで世界的に有名な観光資源も少ないから不利な環境ではあるでしょう。

でも、だからこそ静かで穏やかでのんびりした空気が心地良くて、トリコになってしまう旅人も多いんですね。

f:id:bunkohstyle:20181105220555j:plain

ただの濁流じゃねぇか。

国境から少し走ったところで、コーンパペンの滝(Khone Phapheng Falls)なる観光スポット。このコッペパンみたいな滝、あの東南アジアで最長の悠久の河川、メコン川に位置する最大の滝なんだとか。

でも、やっぱ濁流にしか見えない。滝の定義ってなんだろう。「メコン最大の滝」ってのを盛大に売り出したいようで整備は整っており、客はゲートから滝へはシャトルバスで向かう。それゆえに入場料が700円くらい(一泊の安宿代レベル)もするこの本末転倒っぷり。残念ながら行く価値は無いでしょう。

f:id:bunkohstyle:20181108135145j:plain

わざわざラオスを再訪したのは、この先にある島が気になったため。

f:id:bunkohstyle:20181108121531p:plain
(上半分がラオス、下がカンボジア

大きなメコン川の中州にあるシーパンドン(Si Phan Don)と呼ばれる無数の島々。その中のドンデット島(Don Det)のノンビリ感が凄まじいとのことなのです。

f:id:bunkohstyle:20181105143425j:plain

さっそくボートで向かいましょう。

それにしてもこの相棒のチャリをまざまざと見ると、感慨深いものがありますよ。捨てられる運命にあった小汚い彼が、小汚い旅人の僕との出会いで運命が変わり、小汚い者同士でシンガポールからタイを経て、グルっと東南アジアを回ってもっと汚くなる大冒険を演じているのですから。

諸々の故障や事故はあったけれど、ゴミみたいな君がここまでぶっ壊れずに普通に走れているだなんて、誰が想像できたでしょう。何を隠そう、長年税金を納めていない社会のカスである僕自身が一番ビックリしているのです。

f:id:bunkohstyle:20181108142252j:plain

さて、上陸して既にこの空気感。「のんびり」が目に見えるかのように滲み出ている。

f:id:bunkohstyle:20181108142236j:plain

ラオスの中で、いや東南アジアの中でも、最高の沈没スポットの一つと言われているこの島。

f:id:bunkohstyle:20181108142328j:plain

車は通らず移動手段は自転車かバイク。


f:id:bunkohstyle:20181108231628j:plain

現地の人たちの雑談と子供の遊ぶ声と、鳥のさえずりのBGMが島内には流れている。

f:id:bunkohstyle:20181108161847j:plain
f:id:bunkohstyle:20181108161842j:plain

宿泊施設はいくつも点在し、僕が過ごしたこのコテージは一泊40,000キープ(約500円)。時期的に雨季のオフシーズンだったため旅行者も少なくのんびり度は更にアップ。

食っては寝て、食っては脱糞して。

今日なにしたっけ?→息した。→新陳代謝した。

てな具合の、悪く言えばゴミみたいな堕落生活、良く言えば何もしない贅沢を堪能できる島でありました。こういうとこで美人な奥さんか彼女と過ごすのが夢の一つですよ、「今日も一緒に息しようね!」って心底幸せですよね。最高の沈没スポットってのは深く納得できる場所でした。



あれ?社会のカスがゴミみたいな生活をしてたらこれ、ただのしかばねのようだ。




f:id:bunkohstyle:20181108215607j:plain

え?なに?ヤラせてくれだ?ん〜と、ちょうど俺も溜まってたんだよねってボケが。


堕落した生活になんとか終止符を打ち、次の町へ北上していた時でした。上記の通りです、ベトナムとほぼ同じシチュエーションですね。男性からのお誘いです、走行中に、バイクから。
【閲覧注意】しゃぶらせて下さい。犬を食べさせて下さい。~自転車ベトナム縦断、南部へ~ - Bunkoh Style -WorldWide-


例のごとく現地人でしょうか、まったく英語が話せない彼でしたが、知り得ている英単語を絞り出したのでしょう、僕にこう伝えたのです。




「 I (アイ) You (ユー) Sex (セックス) 。

と。

f:id:bunkohstyle:20181108225353j:plain

この男。たぶんまだ20代前半。こういう展開は2度目だったので僕は落ち着いていました。

試しに、どこでやるん?というジェスチャーをして聞いてみたら案の定、道路脇の原っぱを指差す彼。


「ラブ ユー」


「ユー ラブ?」


これがしつこくてシツコクて、猛アプローチを喰らいながらマジで10分くらい付きまとわれましたよ。それにしても僕に一目惚れだったんですね。

f:id:bunkohstyle:20181108222024j:plain

てか、こういう時に限ってガチでションベンしたくなっちゃうから、これ完全に神様のイタズラですよね。


停車して草むらに入って立ちションをしようとズボンを脱いだ瞬間に勘違いした彼がパックンチョじゃないですか。

ボケが、それが許されるのは美人なお姉さんだけだボケが。それをしてもらえると前もって分かっていたら5日間は溜めておくんだよ俺は。って何を言わすかお前、あ〜あ、女性読者様がどんどん減っていく。










こんなブログで本当に申し訳ないです、ごめんなさい。



それはいいけど(よくねェよ)、頼むからどっか行けーーーッ!!!俺はSEXじゃなくておしっこがしたいんだ!

と日本語でまくし立てたら、この世の終わりみたいな、イッたあとの酷い虚無感みたいなすっごい切ない顔して去ってった。・・・あれ?なんか俺が加害者みたいじゃないか。

衝撃の卵とストイックな完結

f:id:bunkohstyle:20181108225916j:plain

さて、しつこいゲイから逃れた僕が到着したのはチャンパーサック(Champasak)という町。ここはラオスが有する2つの世界遺産の一つ、ワット・プー(Wat Phou)の観光の拠点となる場所です。

それはカンボジアのものと似たような、クメール系のヒンドゥー寺院の遺跡群だそうで、それはそれは興味が無かったですよ。いや、アンコール・ワットよりはあったかな、なぜならラオスの南部へ行く旅行者は多くないから。誰もが行く場所に価値を見出せない残念な性質を持つ僕は、ほんのちょっぴりの期待を胸におもむくのでした。

f:id:bunkohstyle:20181108230602j:plain

これが大正解。ベンメリアもいいけどさ、こっちのほうがよっぽどラピュタだぞ。

なんでしょうこの世界観。曇った空がまた雰囲気を作り、人っ子一人いない静寂が漂う空間はまさにバーチャル。言うなればドラクエの、ラスボス感が醸し出されたその光景は中二病患者にはたまらないシチュエーションですよ。木のトンネルになった石造りの階段を一段一段あがって行く僕はさながら勇者でしょうか。


・・・あ〜あ、ドラクエの主人公が超下品かつ小汚い社会のカスとは、堀井雄二さんと鳥山明先生、ごめんなさい。僕の幼き頃のピュアな精神はいずこでしょうか、何処で道を誤り、心のメガンテ、あるいは心のバルスを唱えて自滅してしまったのか、悲しきかな記憶にござりません。つまりは、先天性のものなのです。

f:id:bunkohstyle:20181108234709j:plain

ちなみにこの道の脇にあるポールのようなものは、例によって男性器だそうですよっ。







今回ばかりはその一本一本のブツについては頑張ってそれ以上広げないことにします、女性読者さまのブログ離れに歯止めがきかないので。

f:id:bunkohstyle:20181108234730j:plain
f:id:bunkohstyle:20181108234739j:plain

頂上にあったお寺はやはりどれも一緒。

f:id:bunkohstyle:20181108235029j:plain

しかし地平線が壮大ですね。ゲームの世界に足を踏み入れたかのような、秘境感を感じられる素晴らしい遺跡でした。


僕みたいなそれの歴史的背景などなどに興味の無い、景色、見た目、雰囲気重視という分かりやすい単純な旅人は、シチュエーションがすべてなんですよ。これで人がごった返していて太陽がサンサンと降り注いだ状態だったら、何も感じられずにとっとと早退してたでしょう。

f:id:bunkohstyle:20181109110747j:plain

なにこれ、ゆで卵じゃないの?いやなんか違う。




f:id:bunkohstyle:20181109110748j:plain

いやだいぶ違う。腐ってる?





f:id:bunkohstyle:20181109110753j:plain

これアカンやつ?ひとくち・・・






f:id:bunkohstyle:20181109110756j:plain

うんまぁい。

この強烈なビジュアルの食べ物はラオスソウルフードホビロンと呼ばれる孵化しかけのアヒルのゆで卵これが面白くて、ちゃんと玉子の味と、シッカリと鳥肉の濃厚な味の両方を味わえるんですよ。既に羽も生えていますが、まだ胎児だからか柔らかくて歯にも絡みません。塩茹で加減も抜群で栄養価もかなり高いし、一つ30円で見た目は最低だけどコスパは最高。

ホビロンは東南アジア各国や中国でも食べられますが、その食べ方や名前も各地で様々。火の通し加減やアヒルの発育段階でも味が変わるようですよ。興味ある方はググってみて下さい、これよりももっと生々しいヤバイやつもあります。

f:id:bunkohstyle:20181110205154j:plain

さぁさぁ、特に見どころの無いラオス第2の都市、パクセー(Pakxe)を経由し、遂に戻って参りましたタイランド東南アジアの中でも屈指の経済成長を見せ付けるかのような、このモダン的なイミグレーション。

f:id:bunkohstyle:20181110210645j:plain

↑これはラオス側の国境。これでもかなり綺麗な路面の部類ではあります。


f:id:bunkohstyle:20181110210656j:plain

どうです?タイに入った瞬間のこの美し過ぎて眩しいアスファルト。ちなみにベトナムカンボジアラオスの右通行から、タイは日本と同じ左通行に変わります。これ、始めは気持ち悪いんですよ、逆走しそうになっちゃう。

最東端の町、ウボンラーチャターニー(Ubon Ratchathani)からゴールのバンコクまでは約600km、休息を入れると早くても6日間の行程。

もう一息やったるぜッ!東南アジア一周の完結だ、引き続きストイックに行くぜッ!

f:id:bunkohstyle:20181111122457j:plain

なんて意気込むわけでもなく、最後の最後でサクッとペローーンと夜行列車を使って帰るというストイック完全崩壊のボーナスステージ。

どうにももう、満足しちゃいました。ラオス北部の鬼のような山岳地帯での死亡事故、ビザの期限付きのタイムリミットに迫られたベトナム完走、カンボジアの悪路と現地人の柔らかな笑顔。これらを経験、乗り越えてしまうと、タイの美し過ぎるアスファルトがゆえに無難過ぎる走行に、物足りなさを感じられずにはいられない。

f:id:bunkohstyle:20181111122450j:plain

そしてたまには、鉄道の旅も楽しいですよ。どっかの駅に停車した途端に現れる車内販売。焼きたての炭火焼の串焼きチキンの売り子が夜中1時に乗り込んで来て、車内が香ばしい匂いに包まれるという深夜の珍事。こんな時間に誰が食うねんッとボヤいたそばから目の前のオッサンが購入しかぶり付き始めるという奇跡。

暗闇を切る列車の車窓からは、北斗七星がクッキリと見て取れた。そう言えば最後に夜空をまじまじと見つめたのはいつだっけ。たしかバンコクを出て、まだ東南アジア一周をスタートさせて間も無い、どっかの駅で野宿した時だ。基本的に夜は出歩かない以前に、チャリ旅だと疲れて即行で眠るから夜空とは無縁だった。大きな挑戦が始まったばかりのワクワクとちょっぴりの不安を抱えていたあの時も、北斗七星を見たなぁ。

なんだか星さんたちに、「おかえり。」って言われている気がした。




そしてウボンラーチャターニーからぴったし12時間を経て無事に、バンコクへと帰還したのでありました。6日の行程がたったの半日ですよ?んまぁ〜、文明ってサイコぉ〜♫








結局のところ、ラスト600kmが異常に面倒臭かったということです。

バキ爆誕!からの新たなる冒険へ。

f:id:bunkohstyle:20181111122840j:plain

チャリでの総走行距離はザックリと5,000kmくらい。東京から福岡が約1.000kmだから2往復半って感じ。ちょうど3ヶ月間に渡った東南アジア一周の冒険はこれにて終幕。


また少し、いや、だいぶ度胸が付いちゃったな。タイ国内の走行が無難で物足りないと思えちゃうくらい自分のチャリ旅のレベルが上がっちまった。

・・・あれ?物足りないってか面倒臭くなっちゃっただけ。

f:id:bunkohstyle:20181111184943j:plain

よ〜く分かったぜ、こんな舐め腐った装備でもやれるんだって事が。サイドバックもサスペンションもギアもペットボトルホルダーもいらない。必要なのは心、それだけ。

・・・あれ?その装備ぜんぶ欲しいんやけど。買い集めるのが面倒臭いのとお金使いたくないだけ。


・・・それらを圧倒的に凌駕できるくらいの、"バカの心"が必要ってことだ。血管がブチ破れそうなくらいキツイけどな。


f:id:bunkohstyle:20181105211243j:plain

なァ、俺らまだやれんだろ?やってやろうぜ。こんなお互いゴミみてぇな出で立ちでよォ、このまま売ってやろうぜ、地球に、喧嘩を。


あのときボートでチャリをまざまざと見て感慨にふけっていた時にはもう、心に決めていました。<ゴミカス同士、まだまだ行けるとこまで行ってやろうぜ>と。

そういえば、キミにはまだ名前を与えていなかったね、コッペパン号はどうかな。
いやいや、そんな甘くて柔らかくはないよねキミの身体は。


よし、(いまさら)今日から(突発的に)お前の名は(うっかり)、




刃牙-バキ-だ。




f:id:bunkohstyle:20181108155720j:plain

自慢の鋼のボディが「バキッ」と折れて走行不可になる最高のネタをお待ちしております。



よっしゃあ、やるぜ限界への挑戦ッ!!!

f:id:bunkohstyle:20181111192548j:plain

いや、ちょっと、休憩しよか。旅を、じゃなくて、チャリ旅を。


このとき6月の下旬。東南アジアのこの辺りでは、これから本格的な雨季のシーズンに入り、それが場所にもよりますが3ヶ月ほど続きます。チャリ旅と雨の相性の悪さは言うまでもありません。雨だらけになっていく時期が分かっていて無理やりチャリ旅を続行するのは、ハッキリ言って賢くない。というワケです。

てことで、雨季が終わる頃までここバンコクで美人なタイのお姉ちゃん捕まえて毎日ハッスルして過ごします。って違う違う。



それなら飛べばいい。夏の時期がベストシーズンとなる場所へ。


f:id:bunkohstyle:20181112104438j:plain

そうか、なるほど、よし来た、北欧だな。

f:id:bunkohstyle:20181111204316j:plain

やれるのかは定かではないが、ヨーロッパから、ここバンコクへ陸路で戻ってくる大冒険をしよう。

f:id:bunkohstyle:20181111192537j:plain

幸運にもその間の自転車はというと、プーケットで知り合ったタイ人の友達の、ご実家に置かせてもらうことが出来たのです。その友達はバンコクにはいないけれど、ご両親がとても親切で、訪問する際には毎回こんな家庭料理をご馳走になってしまった。

つくづく想う。旅とは人の優しさの上に成り立つものであると。

これまでの最高で最強の旅は、3分の1は自分の行動によるもの。3分の2は、出会ってくれた人、親切にしてくれた人たちによって創られています。



ってことでバキ君よ、しばしの間、休んでいてくれたまへ。次にいつ戻ってくるかは未定だが、あるいは色んな意味でもう二度と帰ってこない可能性も無きにしもあらずだが、待っていてくれ。久しぶりに見たキミは、ボディが錆び切っていて根元からバキッと折れていて破棄処分、というネタも大歓迎だぞ。って違う違う。

・・・てか、あれ?自転車に劇的な命名をしてからの、さっそく長期の休養に入らせる珍事。


f:id:bunkohstyle:20181111203545j:plain

始めよう、北欧はスウェーデンからバンコクへの挑戦、つまりは、ユーラシア大陸横断の冒険を。


これまでのチャリ旅編はこちら。

bunkohstyle.hatenablog.com


(この記事は2015年6月〜の冒険記です)